ヨーロッパの語学力評価基準に、「ヨーロッパ言語共通参照枠」 (Common European Framework of Reference for Languages、略してCEFR) があります。

日本の英語力診断テストでよく知られている英検やTOEICとの対照表などの中で、英検1級よりも上の基準がある評価基準と紹介されていることもよくあります。

CEFRの基準を満たしているかどうかは、それに対応したレベルのテストを受けて判断されるわけですが、「自己評価」の基準というものもあります。

“The DIALANG Scales”といわれるもので、CEFRの基準とほぼ対応していますが、英語で「何ができる」かが、読む、書く、聞くの中のさらに細かい1つ1つの項目で書かれており、英語能力を自己評価する際に、学習者に参考になると思います。

完璧に翻訳したつもりはありませんが、日本語版を以下に作成してみました。

どのような能力があるとどの程度の英語力と言えるのか、自分の英語力の現状を把握し、目標を設定する際に参考になると思います。

出典の “Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment” の英語版はこちらからPDF版で入手できます。

 

 

DIALANG 英語能力自己評価スケール(読む・書く・聞く)

 

slide1

 

slide2 slide3 slide4 slide5

 

 

slide12 slide13 slide14 slide15

 

slide6 slide7 slide8 slide9 slide10 slide11

[`evernote` not found]
Pocket