英語の絵本の読み聞かせをしているYouTube動画で、なかなかよいおすすめの物を見つけましたのでご紹介します。

絵本の読み聞かせは、言語の習得上非常に重要で、言葉が全く分からない赤ちゃんの頃から読み聞かせを行うというのは子育ての常識になっていると思います。

アメリカでも、公立図書館で、乳幼児向けの読み聞かせの時間は必ずと言っていいほど設けられています。

早期英語教育・バイリンガル子育てで、何が大事かって絵本の読み聞かせ程大事なことはない、といえるぐらいです。

YouTubeにも読み聞かせの動画はいくつも投稿されていますが、なかなかこれと推薦できるものはない。

日本でも英語の読み聞かせが少しずつ流行ってきているみたいですが、こちらのプリスクールでものすごくいいなと思って聞いていた読み聞かせのやり方とはちょっと違う。

 

そんな中、下の動画は、推薦できるなと思いました!

YouTubeのWonderWorldKidsで視聴できます。

このGina Androsさん、通称”Moomy”さんの読み聞かせは、最初に子どもの注意を引きつけるためにパペットを利用して本を紹介したりしていて、楽しい雰囲気づくりを心掛けているのが分かります。

この楽しいというのは最大のポイントだと思います。

やってる方も楽しければ聞いている方も楽しいのです。

擬態語も色々取り入れていて、発音もはっきりしていてとても聞きやすいと思いますので、読み聞かせの参考になるのではと思います。

 

もちろん、自分が普通に日本語で絵本を読み聞かせるように、英語の発音にきちんと気を付けて読み聞かせれば、アクセントのある英語でも別に読み聞かせの本質に問題はないはずです。

でも、本当にいいな、と思うものを実際に見ることはとても効果があると言われています。

脳には「ミラーニューロン」という神経細胞があって、そのおかげで見たものを真似ることがうまくできるようになるとも言われております。

 

それに、特にアメリカ人は楽しそうに何かやるのが得意な人が多い、と思います。

エンターテイメント分野ではやはり世界のリーダーでしょう。

読み聞かせもその一分野なんじゃないかなと思います。

そこで、本当に上手な人はなかなかいないので、よいものがあったら今後もどんどん紹介したいと思います。

 

皆さんのおススメがありましたら教えてください!

 

「はらぺこあおむし」(The Very Hungry Caterpillar)の英語絵本読み聞かせ動画

ご存じエリック・カールの有名な絵本。YouTubeの再生回数もこれだけ妙に多いです。

最初のイントロのところだけ、だいたい何を言っているのか分かるように下にちょっとスクリプトのように書いてみました。

 

Hi friends!  You are just in time for a story time. We are waiting for our friend Roosevelt to show up also.   He is a snail so slow most of the time but sometimes slow and sometimes he’s fast fast fast….Today he is kinda slow.  You are a little late but that’s OK, Umm…You sit right here and we are going to read a story about not a snail but a caterpillar…

 

“Green Eggs and Ham” by Dr. Seussの絵本読み聞かせ動画

日本でも英語の絵本の読み聞かせによい本として時々紹介されているのがこのDr. Seussの本です。

この本は英語圏では絶大な人気があります。読み聞かせにぴったりな絵本コンテストがあったらNo.1になるんじゃないかと思われるほどです。

私も最初はなんでこの変なイラストの本が人気があるのか、全く分かりませんでした。

でも、英語を習得していく際に非常に重要となってくる韻が、ふんだんに、もうしつこいぐらい、かつナンセンスに使われているんですね。

英語に重要な音韻が、しかもナンセンスに面白く使われていて子どもにも大受け、なんです。

プリスクールから、小学校低学年まで、皆好きですが、読み聞かせで受けがいいのはプリスクール、いわゆる就学前です。

Moomyさんの読み方はリズミカルで聞いているだけでも楽しいです。

もちろん自分で読む時はここまで早く読まなくてOKですが、英語のリズムってあるなーと納得できるビデオです。

Hi friends! It’s me Moomy.  I’m just hanging out with a sarcastic cow.  We are about to read a story.  You like story time, don’t you?  How about you?  (cow:  moooo)  I know you’d rather…all right I want you to sit right here and I will show you the pictures…

 

“Gingerbread Man”の絵本読み聞かせ動画

“Run, run, as fast as you can, you can’t catch me I’m a gingerbread man!”の繰り返しで有名な、クリスマスのころの読み聞かせにぴったりの古典的絵本。

いたずらなGingerbread Manがオーブンから逃げ出して、出会う動物たちからも次々に逃げ出すという話。

 

英語の絵本で読み聞かせによいものには条件が色々あると思いますが、

 

・繰り返しのあるもの

・韻がある、かつ、あるいはリズムがいいもの、

・メインキャラクターに子どもが共感できる特徴があるもの

 

などははずせないと思いますが、この本には全てが揃っているといえます。

 

ただ、最後に食べられてしまうので、悲しくなってしまうようなお子さんもいると思うのですが、そのような場合には、”Gingerbread Baby”がありますのでこちらがおすすめです。

 

Ah huh, OK, we can definetely read a story about a gingerbread man.  Oh, hey, look, it’s our friends.  They are back and they wanna hear a story too, George gingerbread picked up a great story, didn’t you George?

And also besides George picked me up a story George is also practicing not being shy and has met two new friends, right?  And what are their names?  OK, and all right that’s what they’re … He wants to say HELLOBELLA and HELLO LEXI.  He says this story is for you.

All right, George Gingerbread is gonna sit right where you are sitting it’s the best seat in the house.   I want to start a story go ahead c’mon….

 

[`evernote` not found]
Pocket