バイリンガル子育て・海外での子育て相談

バイリンガル子育て・海外での子育て・教育一般に関する相談を受け付けています。

海外・日本在住を問わず、ご相談に応じています。

相談受付

  1. こちらに「バイリンガル子育て相談」「海外での子育て相談」どちらをご希望か
    書いてご連絡ください。
  2. 受付後「相談フォーム」を送付します。ご記入の上、返送ください。
    この時、相談内容についても簡単にご記入いただきます。
  3. 相談日時の決定後、Zoomリンクを送付させていただきます。

 ※フォームに沿って記入するだけでも、悩みや課題が整理されることがあります。
  お気軽にご相談ください。

 ※以下ウェブサイトからも申し込みを受け付けております。
 

 

 

相談形式・料金

電話・Zoom・メール など、ご希望の形式で相談を受け付けます。

現在、30分までの電話・Zoom相談を無料で受け付けています。

【電話・Zoomでの相談】

1時間100米ドルが基本料金ですが、フォローアップ・延長についても
できるだけ柔軟に対応しています。

【メールでの相談】

3往復100米ドルが基本料金です。
Paypal, Venmo, 小切手郵送で対応可能です。
日本円での支払いやその後の相談についても、柔軟に対応いたします。

お気軽にお問い合わせください。

Bilingual child development  summary

FaaB相談のメリット

ウェブサイトやパンフレットに責任を持って書けることは、バイリンガル子育てや海外での教育・子育てのトピックの中でも、データに基づいた一般的なことや、他の記事や経験談に関する意見、あるいは個人的な経験談に限られます。

記事でも何度も書いていますが、バイリンガルにはとても幅があり、その発達に影響を与える要因は母親の育て方だけでは決してありません。

でも、そのような細かい点は、一般向けの記事ではなかなか書けません。

個別相談では、相談者様の置かれたユニークな環境や 子育てのスタイル、その他さまざまな要因を考慮し、相談者様に最適化したアドバイスをすることが可能です。

また、単に一つ二つの疑問に回答するのではなく、今後も子育てをしていく上で拠り所となる視点や枠組みを、相談者様自身が築いていくお手伝いをしますので、1回の相談で解消する悩みや疑問は 多数となるはずです。

費用対効果で考えると、お得かもしれません。

 

座談会

気軽にグループで相談・雑談する座談会形式にも対応しています。
個人でも対応可能です。
興味のある方はこちらからご連絡ください。

相談員プロフィール

藻谷 容子(もたに ようこ)

1968年東京都生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。大手海運会社調査部に勤務。
1994年、当時留学中の夫の住むカナダ・トロントに移住。
トロント大学・オンタリオ教育研究所で修士(MA)・博士(PhD)取得。
トロント大学・オンタリオ教育研究所・グローバル教育研究所研究員、オレゴン大学・UC Davis講師。

大学院で指導教官の一人だったバイリンガル教育の権威、Jim Cummins博士の理論・指導をもとに、主にカリフォルニアでバイリンガル子育てを実践。
長女(21)、長男(18)、次女(13)をバイリンガルに育てる。

上の二人はそれぞれ

・カリフォルニア州立大学で最も歴史あるSan Jose State University、

・カリフォルニア大学で最も歴史あるUC Berkeley

で目標に向かって邁進中。

子育て中も日英翻訳・調査・研究・教育業に携わるほか、地元プリスクールや公立小学校、補習校などで各種ボランティア活動に従事。

2015年、funwithabc.com 開設。
2019年、FaaB(ふぁーぶ)・バイリンガル子育ての会主催。
                バイリンガル子育て家庭を支援する座談会・ワークショップを日本語・英語で開催。
2021年、JEINA(全米教育・子育て情報ネットワーク)共同設立。
2022年、HaBilNet (Harmonious Bilingual Network、調和のとれたバイリンガルに関する研究を促進し、広める活動を行っている国際的ネットワーク)のフォロワーメンバーへの招待を受け、参加。

補習校・付属幼稚園で運営理事経験7年超。教員経験4年。2021年に相談室設立。