FaaB : バイリンガル・海外での子育ての会

「バイリンガル・海外での子育ての会・FaaB(ふぁーぶ、旧称・さくらめんとBFF)」は、主にアメリカで日英バイリンガル・バイカルチュラル児の子育てに関わる家庭・教育者のための情報交換・交流を目的としたネットワークです。FaaBは「Fun with abcs, aiueo, and beyond」という本ウェブサイト名からきています。

バイリンガル子育ての先輩家庭や専門家と 子育て中の家庭がオンライン・オフライン上で交流し、バイリンガル子育て中の家庭同志の 情報共有・相互支援の輪 が広がることを願っています。

Facebookにはヤードセール機能のあるグループがあります。

「カフェタイム」開催記録

主にアメリカ・カリフォルニア州デービス・サクラメントで、バイリンガル子育て家庭の交流会「カフェタイム」を不定期で開催してきました。

以下に簡単な報告をまとめてあります。

第1回(2019年6月23日)

第2回(2019年9月15日)

・第3回(2019年12月15日)はこちら↓の記事にまとめています。

・第4回(2020年3月6日)番外編:デービスのI-Houseで行われているInternational Parent Community のミーティングに呼んでいただき、バイリンガル子育てについて英語でワークショップを行いました。

この時のスライドの一部を使用して下の記事を書きました。

この直後にロックダウンとなり、活動は一時停止。

コロナ禍ではオンラインでの「バイリンガル子育ての会」や、子供の脳の発達を考えた子育てに関する読書会・座談会・ワークショップも開催してきました。

このほか、ポート・オブ・サクラメント補習授業校や付属のめばえ幼稚園でも、先輩保護者との交流会「バイリンガル子育ての会」を開催しています。

参加者には、各回の要旨などを配布しています。

質問のある方はこちらからご連絡ください。

主催者プロフィール

「もん吉」「もん」こと藻谷ようこは、東京生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒(92年)。大手海運会社調査部勤務を経て94年、当時大学院生の夫に帯同してカナダへ。

トロント大学・オンタリオ教育研究所(OISE/UT)で多文化教育・グローバル教育・バイリンガル教育を学び、2001年にPh.D. (哲学博士)取得。同年長女出産。

その後David Selby教授(当時)設立のトロント大学グローバル教育研究所の研究員、オレゴン大学、UC Davis講師を経て翻訳・調査業に従事しながら3人の子どもをカナダとアメリカで日英バイリンガルに育ててきました。

現在はポート・オブ・サクラメント補習授業校講師・相談室担当。

経歴はこちらにもまとめてあります。

今後の活動などに興味のある方は、「お問い合わせ」ページからご連絡ください。